« ウールのジャンパースカート | トップページ | 入学式用ジャンパースカート »

2011年3月21日 (月)

東北関東大震災より、10日が経ちました。
心配して連絡をくれた大阪のお友達、
ブログで呼びかけてくれたみぃさん、ありがとう!

こちら計画停電と断水(マンションなので)により
やや不便な生活ではありますが、
全員元気で暮らせています。

大阪で阪神大震災を経験し、
東京転勤になったとき
「いつかこちらでも大きな地震がやってくる」と聞いて
水、食料品、缶詰、懐中電灯、ラジオ、アルファ米
などの備えを完璧にしていたのは数年前。

だんだんと気が緩んできて、あの大地震がおこったとき
我が家の非難リュックに残っていたのは
壊れたラジオ、電池のない懐中電灯いくつか、水、マスク、
アルファ米やお餅は賞味期限切れのあと、追加で買っていなかった・・・

大阪と福井県の両家から救援物資が届き
停電のときに懐中電灯やラジオが使えたけれど
これからはちゃんとチェックしておかないと。

夜の停電のとき、寒くて
マンションで唯一使えたガスでお湯を沸かし
レトルトカレーを温めて、残ったお湯を
実家から送られてきた湯たんぽに入れて暖を取りました。

被災地の気温は氷点下の厳しい冷え込み。
温かいものを口にすることもできず
夜は寒さと余震で寝られない・・・
考えると気の毒すぎて、
いまできること
「節電、買い占めないこと、募金」をやろう!
そう決意してから、掃除機はやめて箒で掃除をし
ホットカーペットのうえに炬燵を置いて
その中に湯たんぽを入れて温まり
楽天でためていたポイント
(カップ&ソーサーを買おうと思ってためていたけれど
新しいカップでルンルン、お茶を飲む気にもなれず)
4800円全てを寄付しました。

被災地の方々のストレスが早く軽減されますように。

Dscf6702

娘のジャンパースカートを作ったあまりの生地でポシェットを。
地震の後は、停電のないうちにと家事が優先になってしまい
ミシンもままならなくなりました。
作りためていた物がたくさんあるので一挙ご紹介。

Dscf6730

お世話になったお友達へ、入学準備セットを。
娘の分も後から違う生地で作り終えました。
これも早いうちに作っておいて良かった。

Dscf6739

お友達から「バッグinバッグって作れる?」と聞かれ、
そのときは型紙もないし、無理かもーと言っていたら
後日、いい本を見つけ、簡単だったので作ってプレゼントしました。

Dscf6828

幼稚園の行事で仲良くなり、いろいろとお世話になった
もうすぐ二人目のママになるお友達へプレゼントしたトートバッグ。
赤ちゃんとのお出かけに、ベビーカーにひっかけて使えるように。

まだいろいろ作ってあるのですが写真を撮ってなくて・・・
余裕があればまた後日☆

|

« ウールのジャンパースカート | トップページ | 入学式用ジャンパースカート »

ハンドメイド 小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウールのジャンパースカート | トップページ | 入学式用ジャンパースカート »